ホーム > 3つのステップで取り組む 乾癬の治療 > Step1 知る~乾癬の種類

3つのステップで取り組む乾癬の治療

[監修]東京慈恵会医科大学皮膚科教授 中川 秀己 先生 東京逓信病院皮膚科部長 江藤 隆史 先生

Step①知る

乾癬の種類

乾癬は、症状の違いによって下の5つの種類に分けられます。

尋常性乾癬(局面型乾癬)

尋常性は“最も普通の”という意味で、乾癬患者さんの約90%がこのタイプの乾癬です。
写真のように、1つ1つの皮疹が大きくなって互いにくっつくと、局面(プラーク)を形成するので、欧米では「局面型乾癬」と呼ばれています。

尋常性乾癬(局面型乾癬)

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)

皮膚症状に加え、関節に痛みや変形などがあらわれます。少し関節が腫れているだけの軽い人から、手足の指、背骨、腰などの関節が変形し、日常生活に支障のある人まで個人差があります。関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマチ反応が陰性の場合がほとんどです。
関節炎を生じた関節では強い炎症によって腫れや強い痛みが起きるばかりでなく、骨が少しずつ壊され、やがて変形してしまいます。このような関節の変化を「関節破壊」と呼んでいます。

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)

膿疱性乾癬

カサカサした部分だけでなく、少しジクジクして真っ赤な部分が生じ、その中に膿疱(白または黄色い膿をもつ小さな発疹)ができます。高熱、全身のむくみ、関節痛、倦怠感などがみられ、多くの場合、入院による治療が必要となります。

膿疱性乾癬

乾癬性紅皮症

皮膚症状が広がった状態で、全身の90%以上が真っ赤になります。皮膚の働きが損なわれるため体温調節ができなくなり、発熱や倦怠感を生じます。ときに入院が必要となることもあります。

乾癬性紅皮症

急性滴状乾癬

風邪や扁桃炎などに引き続いて、全身に滴状(水滴くらいに小さい:米粒大~大豆大くらい)の落屑を伴う紅斑が急速にあらわれます。

急性滴状乾癬

プラスONE:[ 乾癬の患者さんは日本に約40万人 ]

乾癬はおよそ1000人に3人の割合で発症し、患者さんは全国に約40万人いると推定されています。病院で治療を受けた患者さんを性別でみると、男性2人に対して女性1人の割合で、女性よりも男性に多くなっています。
なお、欧米は日本よりも乾癬患者さんが多く(1000人に20~40人)、一般の人にも乾癬という病気が広く知られています。